L O A D I N G

新着情報

儲けとは2021.09.27

お金の道理

 

絶対に儲かる道理があるなら実行したい!

と皆考えます。

だが、実際には決まった人達・共通した人達が儲かるようになっています。

そんな、道理を知りたいと思いませんか?

 

 

それは、胴元(全ての主役)になる事です。

例として、賭け事をあげます。

賭け事というのは必ず胴元が儲かるようになっています。それは胴元が手数料を取るからです。江戸時代の賭博開帳から変わりなく現在もそうなります。

皆さん、儲かる道理って賭け事の話かよ。と、思うかもしれません。

基本的にはどの世界でも胴元(主役)がいて胴元が儲かるようになっています。

昔20世紀頃、アメリカで発生したゴールドラッシュ。

この時、桁違いで儲けたのは金を掘っていた人達じゃなくて、工事道具を売ったり、宿泊施設を作ったり、飲食店を開業した人達が一番儲かりました。

このゴールドラッシュの際の胴元はこの人達です。

大きな祭り事があると、実行する人達と、胴元的な人達とに分かれます。実行する人達とはゴールドラッシュでいえば、金を掘る人達。胴元的な人達は、自分は実行せず実行する人達に働きかけをしてそれらを動かす人達。

胴元が儲かる理由は、相手にする対象者が多い事、実行する人達の儲けや結果に左右されない事。

飲食店を開いていた人は、実行する人達が金を掘り当てたら大盤振舞するから繁盛する。失敗しても飲食はする。実行する人達の成果に関係なくお金は動きます。

相手にする対象者が多い事が重要で、大きな祭り事じゃないとこの大雑把な道理は通じない?かな?どう判断するかは貴方次第!。

 

 

 

 



お問い合わせ/資料のダウンロード

物件に関するお悩み・ご相談・ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
経験豊富なスタッフが対応させていただきます。